Skip to content

新築祝いの最近の事情

マンションを購入また、一戸建てを購入した場合のお祝いとして新築祝いを贈ることがよくあると思います。 ただ、最近では新たに住宅を購入した場合でも贈る場合と贈らない場合があります。 両親や親族からは住宅を購入した場合、資金援助をしてもらっていない場合は、お祝いを贈るケースが多いです。また金額も高額になるケースが多いです。

会社からは、住所変更の届出を出すだけですが、会社の福利厚生でも住宅補助などの項目は減る傾向ですので、別途のお祝いとしてのお金が出ることも稀だと考えられます。 また同僚や上司からもお祝いを贈らなくなったというのではなく、住居を購入した本人が、周りに買ったことを報告しないケースが多く自然とお祝いを贈ること自体が減ったという傾向があると思います。

会社関係で贈る場合は、どのようなお祝いでも同じですが、過去の事例をよく参考にして贈ることの有無や金額、タイミング、事前に確認を取る上司に了解を得るなど、多方面に対して考慮をする必要があります。 また、相手先の会社関係だと話題作りにもなりますのでポイントは高いです。色々明記しましたが、新築祝いはお祝いですので、受け取り手の笑顔を作るような事を考え贈ればよいです。

新築祝いの相場とマナー

憧れのマイホームを新築で建てるのは、家族のある人ならば大きな夢ですよね。かなり費用もかかり、時間や労力を要するのが家の新築です。そんな新しい門出に必要なのが新築祝いです。基本的に関係が近ければ近いほど現金でお祝いを渡すことが多いです。両親が頭金等を出している場合は、それがそのままお祝いという形にもなります。

兄弟であれば3万円から5万円程度の金額が新築祝いの大体の相場となっています。 友人や知人の場合は、現金でも良いですが、折角なので商品券や旅行券等の金券やインテリア小物、簡単な家具や食器を贈っても良いでしょう。現金や金券以外を送る場合は、家の雰囲気やその人の趣味に合ったものを選ぶように気をつけましょう。また、既に用意されているものを贈ると相手に気を遣わせることになるので、あるかないかを確認してから贈るとベストでしょう。

玄関やお風呂、キッチンのマット類や上質なタオルは何枚あっても良いので、重宝されるようです。 また、新居に招待された場合は、招待された時に渡すようにしましょう。大きなものは事前に送っても良いですが、できるだけ手ぶらは避けたいですよね。そんな時は簡単な菓子折りやフルーツ等を持参すればよいでしょう。

参考:https://matome.naver.jp/odai/2154157909589284401

新築祝いに相応しい贈り物

新築祝いとは、新しく家を建てた人に対して、お祝いの意味と、日頃の感謝をこめて贈り物をする事を言います。家を新築した場合、親戚の人や、親しい人を招待して、新しい家のお披露目をかねて、もてなします。そのようなお祝いの席に呼ばれた時に、お祝いとして持っていくといいでしょう。お祝いとして贈るのですから、もらった相手が喜んでくれる物がいいと思いますが、実際に贈るとなると、何にしていいか悩んでしまいます。一般的に、お祝いとして贈るのに最適な物に、観葉植物があります。

これは、その地に根付くという意味合いを持っています。観葉植物だと、大きさもいろいろ選べる上、日頃の手入れも簡単です。代表的な物としては、幸福の木や、パキラなどがあります。その他には、インテリア雑貨や、自分では買わないような、高級な食器を贈るという方法もあります。逆に、贈るのに相応しくない物もあります。火や火事を連想させる物です。

具体的には、キャンドルや赤い物があげられます。また、贈り物として、現金や商品券なども考えがちですが、そういった類も、お金に困っていると思われているという事から、新築祝いには相応しくないです。新築祝いをするときはこうしたことに気を付けて新築した人を思い、心をこめて贈るようにしましょう。

喜ばれる新築祝いについて

20代後半以降になってくると、結婚や出産をする友人や知人が増えてきます。それと同時に増えてくるのがマイホームやマンションを購入する友人や知人です。多くの人にとってマイホームやマンションを購入することは人生で1度きりですので、ぜひ新築祝いを贈って新しい新居での暮らしを祝福しましょう。新築祝いとして相応しくないのは、ライターやキャンドル、ストーブなど火事を連想させるものがまず挙げられます。また、目上の人に贈る場合には商品券や現金は失礼にあたりますので避けましょう。

そのほかであれば特に気を付けるものはありませんが、やはり実用的なものが喜ばれる傾向にあります。まず無難なのが、新居を彩ってくれる花です。胡蝶蘭やプリザーブドフラワーが特に人気があります。他に、タオルや洗剤などの誰もが使う消耗品も意外と喜ばれるんです。デジタルフォトフレームも定番の贈り物として人気がありますね。

これから新居での思い出がどんどん増えていくので役に立つこと間違いなしです。お祝いは家が建ってから3週間程度の間に持っていくのが良いとされています。金額的には、友人・知人であれば上限1万円ほど、親族であれば3万円ほどの上限で選ぶと無難ですよ。

参考:https://pitali.jp/2839