Skip to content

新築祝いをするときに気をつけたいこと

家を新築した方に新築祝いを贈る場合、どのようなものを贈るのと喜ばれるでしょう。実際に新築の家の様子がわかっている場合には、その様子に合ったものを選ぶのが良いでしょう。また、ご本人の意向を聞いてから選んで贈っても良いと思います。ただし、火を使うものや、切れるもの、倒れたり、割れたりするものは縁起がよくないとされています。

中には「縁起が悪い」と気分を悪くする方もあるので、気をつけてください。ライターや灰皿、ナイフ、ストーブやグラスなどは避けた方が良いでしょう。また、現金をそのまま贈るのはタブーとされていますので、その場合は商品券やカタログギフトなどを贈るようにしましょう。観葉植物や花瓶、インテリア用品、時計、キッチン用品などは比較的無難な贈り物ではないでしょうか。それでも、相手の趣味趣向もありますので、できればどのようなもの、どのような色が良いかなどを聞いてから贈ると喜ばれるでしょう。

新築祝いやお披露目のパーティーに招かれた場合には、まず、お祝いの言葉と新しい家の素晴らしさを心から褒めることが大切です。家を建てた方は、新築の家を隅々まで見て欲しく、自慢もしたいのです。キッチン周りが使い易そうだとか、明るくて趣味の良い壁紙だとか、広くてバスタイムが楽しくなりそうな風呂場だとか。思いっきり褒めてあげることが大切です。

新築祝いの選び方と好み

結婚や家族が増えたり、または退職後に家を新築する方は多いでしょう。真新しい家に新しい家電製品や家具を揃えるのも、個々の予算もあるでしょうが、わくわく感や楽しみのほうが増大でしょう。家族、友人、仕事関係方々を招いて、新築祝いをする方も多いでしょう。そうなると、招かれた方は新築祝いを何にしようかとあれこれと考えます。一番手っ取り早いのは、何がいいのか当の本人に聞くのがいいでしょう。

ただ、親しい相手ならまだしも、なかなか聞ききにくいでしょうし、お互いに値段を考えたりと、遠慮がちになります。では何が喜ばれるのでしょうか?定番のものといえば、家族がいる方であれば、写真立て。飾りが好きな方であれば、プリザーブドフラワーが人気です。そのほかには、家電製品、加湿器やアイロンといった小型のもの贈る方も多いです。ただ、自分の好みではなく、相手に合わせることになるので、その方の趣味を考えるのが先決です。

難しいなら、消耗品となるタオルでもいいのではないでしょうか。いずれにせよ、心がこもった贈り物であれば、喜ばれるものです。あまり相手に負担をかけない、さりげない贈り物が一番でしょう。親しい方であれば、手紙やカードをそえればさらに喜ばれるのではないでしょうか。

参考:https://www.imabaritowel.jp/

新築祝いで喜ばれる贈り物とは?

家を新築することは人生で一度あるかないかと言われるほど、貴重な体験です。人生の大きな門出である新築に対して贈られるのが新築祝いで、基本的には親族ならば現金が贈られることが多いものです。では、友人や知人からはどのようなものを贈ると喜ばれるのでしょうか。 まずは、新居にふさわしいインテリア小物があります。傘立てやマット類、キャンドルにアロマポットやディフューザーまで、様々なグッズから選ぶことができます。

自分では買わないような少し上質でシンプルなデザインのものを選ぶと良いですね。家電では、邪魔にならないハンディクリーナーやお洒落な加湿器、空気清浄機等が人気があります。大きなものや既に一般家庭ならばあるものは選ばないように気をつけましょう。 キッチン用品では、老舗ブランドの鍋やフライパン、シリコンスチーマー等が最近では人気があります。意外と持っていないパスタケースやシルバーセット、家族全員分のランチョンマット等のお洒落なグッズも喜ばれますよ。

新築祝いの贈り物は、新居へ招待された場合は、招待された時に持参するようにしましょう。招待されていなかったり、遠方の場合は新居への引越が終わってから一週間以内に送るのがマナーです。

参考:https://chiebukuro.yahoo.co.jp/tag/tags.php?tag=新築祝い

新築祝いを贈る時のマナー

新築の家を建てることは、人生における大きなポイントです。そのため、新築祝いは慎重に選ぶ必要があります。まず、この場合の避けるべきアイテムですが、赤色のものや火を連想させるものとなります。赤色のもの、火に関連するものはともに火事を連想させ、よくないとされています。灰皿やライターなどはたとえ高価であっても、先方が愛煙家でも避けておきましょう。

逆に贈ってよいものですが、この場合は消えてなくなるものである必要はないので、インテリア系のアイテムでも問題ありません。先方に喜ばれるものを選びましょう。普段から相手を観察しておき、新築の家についてどのような雰囲気かリサーチを重ねておきます。そうすることで家のイメージに合わないものを贈ってしまうことがなくなります。何もわからない場合は、無難にタオルや洗剤などを選んでおきましょう。

タオルであれば、もし先方の好みに合わないデザインであっても喜ばれます。お子様がいる家庭であれば、ジュースのセットなども大変喜ばれます。人生の一大イベントだからこそ、新築祝いにも気を使いたいものです。家を立てた思い出と一緒に、贈ったプレゼントのことも覚えていて貰えたらうれしいですね。

参考:https://www.ringbell.co.jp/giftconcierge/1939

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です