Skip to content

新築祝いパーティに適したプレゼント

新築祝いパーティに適したプレゼントはいろいろあります。小説やテレビドラマなどですと「とれたての魚を持って新築祝いに行き、その魚をその場で料理するのがプレゼントさ」といったシーンを見かけることがあります。大変うれしいプレゼントですが、贈る方と贈られる側にある程度の信頼関係がないと成り立たないプレゼントでもあります。

贈られる方もなんの苦も無く調理道具を貸す必要があります。鍋セットやフライパンなどの調理道具そのものをプレゼントするのも素敵かもしれません。すでに用意していて置き場所に困る場合もございますが。それでは生花はどうでしょうか?花を飾る習慣がある人でたまたま花瓶があいている場合なら良いのですが、いざ興が盛り上がった時に、遅れてきた人が生花をプレゼントしたら、贈られる方は中座して、花瓶を用意したり花を活けなければならないのでかえって大変です。

花を贈るのにこだわるなら、季節ものではないリースがいいかもしれません。壁やベランダに飾ることができます。消耗品ではないプレゼントを買って出向くのが煩雑であれば、事前に会費を募って、有志の何人かで連名で一つのプレゼントを贈るのもよいかもしれません

新築祝いを友人へ贈ること

家族が増えたり、環境が変わった時など、住宅購入を検討する機会も多々増えます。やはり、購入前には内覧会などの見学へ行ったり、色々と工夫している方も多いです。住宅を購入した友人には、新築祝いを贈ったりするケースも多々あります。小さいお子さまがいらっしゃるようでしたら、お子さまも喜ぶような新築祝いを贈ったり、様々な用途で選んでみるのも良いです。

デパートへ行きますと、アドバイザーの方がいらっしゃいますので、キチント対応してくれますし、人気の商品なども説明があり、お子さまがいらっしゃるご家庭に合うような商品をオススメしてくれますので、安心して選ぶことが出来ます。色んな品物が多々ありますので、ジックリと選んでみるのが良いでしょう。かなり充実した商品を見つけることができますし、情報収集をシッカリ行うことで、安心して商品を購入することができます。

ネットショッピングを利用する場合なども、ランキング情報の記載がありますので、用途によって選んで購入することもできますし、様々な商品が手軽に購入できますので便利です。忙しい方も、上手に購入することができますので、とても便利ですし、楽しくお買いものすることができます。

新築祝いに贈ると喜ばれるもの

家を建てたり、マンションなどを買ったり、人生の中では大きなイベントのひとつと言えます。仕事で得た報酬を形にしたもので、日々の努力の結果を形にしたものとも言えます。それを誰かに祝ってもらうことは、非常に喜ばしいことです。家族、友人や会社関係など新築した人にお祝いの気持ちと感謝の気持ちを込めて贈るのが新築祝いです。そのお祝いに贈るものとして、インテリア雑貨、観葉植物、高級食器、キッチン用品などが多いですが、インテリア雑貨は、家や相手の趣味やセンスに合ったものを選ぶと喜ばれるでしょう。

鉢植えの植物は家に根をおろすものとしてゲンのいいものですが、植物に興味がなく世話もしない人に贈ってもあまり喜ばれないでしょう。自分ではめったに高級食器は買わないのでお祝いには適していますが、キッチン用品はせっかく贈ったのに使われずに仕舞ったままになってしまえば意味がないので、珍しいものではなく汎用性のあるものを贈るといいでしょう。

また、新築して新しい家になったことで新たに買う必要があるものなど本人でしかわからないものもあるため、あらかじめ希望を聞いて贈るのもいい方法です。そして新築祝いは、家に住んでから1ヶ月くらいの新築ムードが残っている間に贈るのがいいとされています。

参考:https://www.dinos.co.jp/c4/017002004004/1a2/

人生の一大イベント 新築祝いのマナー

家を新築することは人生で大切な一大イベントです。肉親や親戚、親しい友人から新居完成の報告が届いたなら、新しい家での生活が始まることを祝福して新築祝いを贈ります。また一戸建ての新築だけでなく、マンションや中古物件を購入した場合も同じ意味を込めてお祝いすればこれからも良い人間関係を築いていくことができます。

昇進、転職、結婚や出産など人生の節目と重なる場合もありますが、これまでの感謝とこれからもよろしくという気持を込めて別々にお祝いを贈ります。お祝いの品や金額は、お付き合いの度合いによって選びます。定番品は食器、キッチン用品、雑貨では傘たて、照明器具、近年人気なのはデジタルフォトフレーム、空気清浄機などあまり大きさがなく、シンプルなデザインのものです。植物が好きな人には、鉢植えも喜ばれます。親しい間柄なら、本人に希望を聞いてから贈り物を選ぶようにします。現金、商品券、品物が選べるカタログなども近年習慣化されました。ただし、目上の人には失礼になりますので注意が必要です。

新築祝いに避けたいのは、火事を連想させる品物です。ライターや灰皿、コンロ、ストーブ、キャンドルや真っ赤な色など火に関わるものはタブーとされています。また、壁を傷つけなければ飾れない品も避けるべきです。お祝い品の水引は紅白の蝶結び、表書きは「御祝」「御新築祝」「祝御新築」とします。お祝いを届ける時期は新居完成の知らせが届いてから半月から1,2ヶ月以内、または新居のお披露目の日に持参します。

お披露目会では相手に不快感を抱かせるような新居のあらさがしをしないように心がけます。家だけでなく、立地環境や町についても同様です。新築のお祝いを戴いた場合は、お披露目会に招いて感謝のしるしを表わし、お返しはしないのが基本でした。しかし形式的なお披露目会を行う機会が減った昨今の風潮では、ささやかなお祝い返しをするようになりました。金額はお祝いの品の半分ほどで、食品や食器、日用雑貨などが定番です。お返しの場合も水引は紅白の町結び、表書きは「新築内祝い」とします。

参考:https://www.celepre.jp/column/detail1661.html

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です