Skip to content

新築祝いは相手の好みをよく考える

新築祝いとは、相手が家を建てた時に贈るお祝いの事です。時期的に結婚や出産と同時期になる場合には一緒にお祝いする事もあります。新築祝いの相場は友人、同僚ならば5000円~10000円、兄弟は10000円~30000円、親族は5000円~30000円程度です。両親に関しては同居か別居かによっても違いますし、家を建てる際に出資をしてるかでも異なってきます。

贈り物は、新居で飾れる物が人気ですが、相手の好みを考えて選ぶ必要があります。また、壁に穴をあける物やスペースが必要な物は迷惑になるので避けます。鉢植えの花や観葉植物、花瓶、食器、家電、お酒等を贈るのが一般的です。現金を贈るのも大丈夫ですし、貰う側としては一番有り難い贈り物とも言えます。贈り物に迷うようなら現金が無難です。贈り物として贈られて嬉しい物は生活必需品や消耗品が人気なので、相手の好みが分からない場合にはこう言った物を贈るのも良いですね。

失敗しやすい贈り物として一番多いのがインテリア用品です。相手の好みをよく知る間柄なら良いですが、そうでない場合、貰ったインテリア用品が本人の趣味に合わない事はよくあります。それだけならまだしも、贈られた側は使用してないと何か思われてしまうかもと、渋々そのインテリア用品を使う羽目になる事が多いのです。使ってくれているから気に入ったとは限りません。自分の趣味を押し付けないように気をつけましょう。

参考:https://www.harmonick.co.jp/catalog-gift/archives/19000

新築祝いを購入して渡すこと

ご友人や親せきの方などご自宅を購入した後に、新築祝いを行う方もいらっしゃいます。以前は、各地において、こうした行事は盛んに行われていましたが、最近はこういった行事も少なくなってきましたが、やはり嬉しい事ですので、色々と検討して行ってみるのも良いでしょう。またそういった際には、新築祝いを購入してお渡しするなど、色々と用意も必要になってきます。

何をお渡ししたらよいか、喜ばれるかなど、渡す方も考慮しなければなりませんし、色んなことを知ることで楽しくお祝いが出来ますし、受け取った方が嬉しいとおっしゃると、こちらも楽しくなりますので、とても重要になってきます。デパートへ行きますと、アドバイザーの方がいらっしゃいますので、予算や贈る方のご年齢、家族構成などお伝えしますと、それに見合った内容で商品を選んでくれますので、とても充実した商品選びができ、間違えなく商品を選ぶことができます。

プロの方のご意見は、重要ですので、色々と参考にして取り入れてみるのも良いでしょう。こうした充実した商品選びを行うことで、楽しくなりますし、きっと相手の方も受け取った時に、心がこもった商品に対し嬉しいと思うはずです。重要です。

新築祝いで嬉しい物/嬉しくない物

マンションであれ、戸建てであれ新築って嬉しいものです。新しい家に似合う家具やカーテンを決め、引っ越しだばかりは片づけに追われて大変だけれど、あの新らしい匂いに囲まれているだけで幸せな気分になります。そうして漸く片づけも一段落つき、両親や友人を新築に招く際に大抵の方から新築祝いを頂く事が多いと思います。

もらって嬉しい物としては、自分の趣味にあった物や、すぐに枯れて無くなるけど華やかな花束などは喜ばれると思います。また兄弟などだと事前に欲しい物を聞いてくれて、買ってきてくれたりもします。両親だとちょっと弾んだ現金などがもらえたりして、何かと物入りの引っ越ししたばかりの時には大変ありがたいものです。一般的には、時計、写真立て、置物などがありますが、もらって困った、という物も結構あります。例えば絵画。

これは本当に好みが分かれますし、部屋に合う絵なら良いのですがなかなか難しいと思います。処分するのにも困ってしまいます。あと、新築祝いに相応しくない物もあります。灰皿や火に関係する家電などは火事を連想する為あまり喜ばれません。やはり一番いいのは、聞けるのであればお邪魔するお家の方に欲しい物を聞いて持参するか、現金が一番無難かもしれまん。

参考:https://musubime-japan.com/html/page45.html

新築祝いに送る物について

新築祝いに贈る物で喜ばれる物と言えば様々ありますが、その家の象徴になるような物を贈ると贈った側も贈られた側も良い思い出になります。例えば、時計です。家の中心に飾られ、いつも目にする物なのでもらった方は贈ってくれた人の気持ちをいつも感じることができます。現金を送るという人もいます。家族や親戚からが多いようですが、これも大変役立ちます。大物は購入できないかもしれませんが、細々とした物は購入できます。

引っ越しにはお金が沢山かかるので、ちょっとした物を購入できる現金があると大変助かります。しかし注意をしたいのは、もらった現金の使い道です。贈った側は何を購入したか少しは知りたいものです。何を購入したか言えるような物を購入したほうが、のちのちお付き合いの面でも大切です。新居に引っ越しをする慌ただしい中、新築祝いに何がいいか聞かれても頭が回らないと言う人もいます。

しかしせっかく贈ってくれるものなので、のちのち家族ともらったエピソードが話せるような物を選んで贈ってもらう事をおすすめします。家の購入は多くの人にとって一生に一度の事です。贈り物は贈る側の真心が籠っているものなので喜んで受け取りたいものです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です